似合う色って何?

トップページへ  

image.gif パーソナルカラーって何?
似合う色・パーソナルカラーの正体とは!? それぞれのタブをクリックすると説明文が開きます。

board

似合う色の違いって?

image
「似合う」というのは、人間が共通して抱く調和感に起因します。
人は、それぞれ持って生まれた肌・目・髪の色や質感があり、この3つのバランスは、あなただけが持つオリジナルの個性です。この3つのバランスに調和する色の特徴を探すことが、「カラー診断」ということなのです。したがって、ただ単に「赤が似合う」「青は似合わない」ということではなくて、「赤はこんな赤が似合う」「青はこんな青が似合う」という分析のしかたになります。例えば、同じ「赤」でもトマトのような赤もあれば、ワインのような赤もあります。「青」と一口に言っても珊瑚礁の海のような青もあれば、深い湖のような青もある・・・・。似合う色の違いとは、こういうことなのです。

似合う色の決まり方

image似合う色の特徴は3つのキーワードにおける特徴を組み合わせて、4つのタイプに分けるのが
最も一般的です。
キーワードの特徴とは・・・・・
1.カラーベース  何色にしろ、何となく青みがかった調子の色 or 黄みがかった調子の色
2.彩度        色みの強さの度合いや、調子(澄んだ調子、濁った調子、など)の度合い
3.明度        色の明暗の度合い(明るい、中くらい、暗い、など)
このキーワードの組み合わせは人によって様々で、それぞれの度合いも皆さん微妙に違います。まさに似合う色は「パーソナルカラー」というわけです。こうしたキーワードの特性をわかりやすく、活用しやすくするために便宜的に4つのタイプにまとめたものがパーソナルカラーシステムなのです。
(6タイプ、7タイプ、8タイプに分ける方法もあるようです) 

4つのタイプ、あなたはどれ?

imageクリックすると拡大できます。ではその4つのタイプとは・・・?
Vivid(Winter)タイプ:    青みがかった、鮮やかでメリハリのあるシャープな色
Pastel(Summer)タイプ: 青みがかった、ソフトで渋い色
Deep(Autumn)タイプ:   黄みがかった、渋くて深みのある色
Bright(Spring)タイプ:   黄みがかった、鮮やかで明るい色

写真はそれぞれのカラータイプの色見本ですが、どれがどのタイプなのか、考えてみて下さいネ。

大切なのはそれぞれのキーワードの特徴がどうなっているかであり、4つのタイプに固執していると色の活用が難しくなります。つまり、まず始めにキーワードありきであり、4つのタイプはあくまでも目安であるということです。従って、同じタイプの方でも細かいキーワードの特徴は当然異なっており、千差万別です。
K's Palletではこのような細かな特徴もきちんと分析・アドバイスさせて頂きます。